今年の3月29日から遂に公開となった、ディズニーの長編名作映画の実写版「ダンボ」。

大きな耳が印象的な小象のダンボ。
その特徴的な耳を使って離れ離れになったお母さんに会いに行く感動的なストーリーです。

そして実写版ダンボは、ストーリーや登場人物が変わっている部分もあります。
そこで今回は、ティムバートン監督の映画「ダンボ」の見どころについて3つ紹介します!

ディズニー映画「ダンボ」の見どころ

View this post on Instagram

 

今夜は娘と映画 🐘ダンボ🐘 ダンボの眼がとっても かわいい😍 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ #映画ダンボ

tomoさん(@bu_ke_tomo)がシェアした投稿 -

ティムバートン監督がつくったダンボの世界観!

今回のダンボの映画は,なんとあのティムバートン監督!
映画でもティムバートン監督らしい独特の世界観がダンボの映画の背景にも映し出されています。

ティムバートンと言えば、「チャーリーとチョコレート工場」、「アリスインワンダーランド」が代表作ですが、どちらも色鮮やかな世界観印象的ですよね。そんな色鮮やかで独創的な世界観がダンボの映画で見る事ができます。

そして登場人物もダンボだけではく、実写版では何人かの人間も登場してきます。この登場人物の服装や髪型、髪色など外見にも注目して是非見てみてください。
ティム・バートン監督らしい個性的な登場人物が沢山出て来ますよ!

アニメのダンボには無かった個性溢れた世界観が今回の映画では楽しめる1つとなっています。

ダンボの空中飛行

大きな耳を周りからバカにされるダンボは、ある出来事によって注目の的の存在となります。

大きな耳にコンプレックスを持っていたダンボですがお母さんに会いにいくために、最後は勇気を振り絞って空中飛行を成功させます。

自分のコンプレックスを乗り越えたダンボのこの行動は、見ている私たちにも大きな勇気を与えてくれるシーンです。可愛らしい一面もあるダンボですが、私たちに勇気も与えてくれる場面が沢山あります!

そんな可愛いだけじゃない、勇敢なダンボの姿にも注目です。

人間たちの存在

実写版ダンボでは、アニメのダンボでは見たことのない人物がたくさん登場してきます。
そして、その一人一人が重要な役割を持つ大事な鍵となっています。

アニメでは、ダンボをお金儲けに使おうとする団長の印象しかなかったですが、実写版では人間たち一人一人のストーリーも組み込まれているんです!

ダンボの味方につく人物や逆に金儲けをしようとたくらむ人物の登場があるので、アニメとは違う視点で実写版のダンボを楽しむことが出来ます。

次は、そんな今回の実写版で登場してくるキャストを詳しく紹介していきます!

アニメとは違う視点で実写版のダンボを楽しむことが出来ます。

次は、そんな今回の実写版で登場してくるキャストを詳しく紹介していきます!

ダンボに登場するキャスト紹介

ホルト・ファリア(コリン・ファレル)

もともとはサーカスの大スターで今は団長の命令でダンボのお世話係を任されているホルト。ホルトは戦争中に妻を亡くし自身の片手も失ってしまいます。

また2人の子供ミリーとジョーの父親でもありダンボとの出会いによって、ホルトの心が変化していくところにに注目です。

ミリー・ファリア(ニコ・パーカー)

ジョーと兄妹の姉でダンボのお世話を父のホルトと一緒に手伝っています。
舞台に立つことは苦手なミリーですが、ダンボが母親のジャンボに会えるように精一杯ダンボに尽くして味方についてくれている一人です。

ジョー・ファリア(フィンリー・ホビンズ)

ミリーと兄妹の弟で姉と一緒にダンボのお世話を手伝っています。ミリーと同様ダンボの味方についている優しい男の子です。

V・A・ヴァンデヴァ―(マイケル・キートン)

ダンボを使って大儲けを企んでいる、起業家。ニューヨークにも大きなテーマパークを経営してるほどのやり手。

キャッチコピーは「空飛ぶ象で、大儲けしよう」なんともダンボの悪者感満載なキャッチコピーですね。
ダンボがどのように逃げ切るのか気になるところです。

コレット・マーチャント(エヴァ・グリーン)

ヴァンデヴァーが経営するドリームランドで活躍をする空中ブランコの看板スター。はじめは空飛ぶダンボに不信感を抱いていたものの、一緒に過ごす時間が重なるに連れてダンボやホルトの味方となっていきます。

ヴァンテヴァーのもとで働くスターが最後にはダンボ味方についてヴァンテヴァーから離れていくこのコレットの変化がこの映画の中でも鍵になりそうですね。
どのように変わっていくのか注目です!

マックス・メディチ(ダニー・でビート)

ホルトが入団するサーカス団体の団長でホルトにダンボの世話係を任せた人。
はじめは大きな耳を持つダンボを厄介に思っていましたが、空を飛ぶようになってからはマックスもダンボに信頼感を抱くようになります。

まとめ


今回の実写版ダンボはアニメのダンボと少し違い、ティム・バートンが監督でもあるので新しくて違う視点で見ることのできる作品となっています。
ダンボを見たことが無い人もある人も楽しめるディズニー映画です!

また、映画の主題歌にはアニメでも有名になった「ベイビーマイン」が実写版でも使われています。
なんと日本では竹内まりやさんがベイビーマインを歌っています。

そこにも注目して、ぜひこの機会に映画監へダンボに会いに行って見ませんか?

ディズニー映画の関連記事
  • 【令和元年に公開】ディズニー映画「ダンボ」の見どころとは?監督はティム・バートン!気になるキャスト情報を徹底解説!
  • ディズニーランド&シーに行く前に予習すべき映画とは?
おすすめの記事