ディズニーリゾートアトラクションの中でも1番怖いと言われている絶叫アトラクションがあります。
その名も…「タワー・オブ・テラー」。

エレベーターに乗って最上階まで上がり一気にそのまま急降下していく絶叫アトラクションで、今も人気が衰えることはありません。

しかしその反面、高いところから落ちるアトラクションのため事故が起きたらどうしようと考えたことのある人も少なくはないんじゃないでしょうか。

そこで、タワー・オブ・テラーは

  • 開業から今まで事故を起こしたことがあるのか
  • タワー・オブ・テラーの仕組み

について紹介していきます!

叫ばずにはいられない恐怖のタワー・オブ・テラー


タワー・オブ・テラーは、2006年ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントに開業されたフリーフォール系アトラクションです。
ニューヨークのある高級ホテルが廃墟された姿を再現していて、訪れたゲスト達はそのホテルを見学に来たツアー参加者という設定でアトラクションが進んでいきます。

中へ入ると外の楽しい雰囲気とは一変して一気に怖さを引き立たせるような空間になっています。
また、タワー・オブ・テラーの説明をするアナウンスやホテルオーナーだったハイタワー三世、そして呪いの偶像シリキ・ウトゥンドゥの声が聞こえてきます。

スタッフさんに案内され、エレベーターに乗って最上階まで上がっていきます。
高さ59メートルのところから一気に急降下していき、恐怖の浮遊感と急降下するスピードでスリルを味わえます。

叫ばずにはいられないような絶叫アトラクションですよね。

人気のあまり2012年には、バージョンアップした「タワー・オブ・テラーレベル13」ができ、そこから2015年そして今年の冬にも更なるパワーアップを遂げたタワーオブ・テラーを体感できます!

タワー・オブ・テラーで事故が起きたことはある?

では実際に、タワー・オブ・テラーで事故が起きたことはあるのでしょうか。
あんなに高いところから落ちる絶叫アトラクションなため過去に事故があるのかどうか気になりますよね。

調べたところによると、2006年に開業されてからタワー・オブ・テラーでは事故が起きたことは一度もないということです。
急停止するということも今まで無いということですが、タワー・オブ・テラーのエレベーターは月に1回点検が義務付けられているそうなんです。

エレベーターもいくつか止まっている時があるみたいですがこれは計画的に止めているだけなんですね。

ニュースとして取り上げられたこともないし、事故をしている目撃情報も入ってきていないのでタワー・オブ・テラーでは今まで事故の経歴はないということですね!

大きな事故はないのですが、絶叫アトラクションなため急降下の際に気を失ってしまう人は少なくないようです...
心臓の弱い方や体調の悪い方、絶叫系が苦手な方は注意をして乗ってください。

タワー・オブ・テラーの仕組み

タワー・オブ・テラーの仕組みについてお話します。

エレベーターが6つ存在していた

実は、タワー・オブ・テラーの中には計6つのエレベーターが動いているんです!
A・B・Cの各ツアーにそれぞれ1階と2階に1つずつ設置されており合計6つのエレベーターがあります。。

1階のゲストの人たちがアトラクションの最中は2階のゲストの人たちが乗車の準備をしているんです。
終わればこの逆パターンになります。

エレベーターが6つあることによって混雑を防ぎ、回転率を上げているんですね。

動きはどれも同じなんですが、それぞれ最上階から見える景色が少し違ったり多少降下する時の距離が違ったりするので何度でも楽しめそう。

シリキ・ウトゥンドゥが消える謎


エレベーターに乗車する前にハイタワー三世と記者が対話している録音を聞きます。
そのあと、私たちの目の前に置かれていたシリキ・ウトゥンドゥの偶像が奇妙な笑い声と共に消えていくんです。

私も2回ほど乗ったんですが、これはタワー・オブ・テラーの中で1番謎に思っていたことでした。

CGではないのかという声もありましたが、どこからどう見ても立体の人形だったのでCGではないんじゃないかと...。

では、一体どのようにして消えているのでしょうか。

実はシリキ・ウトゥンドゥが消えるこの現象はただ単に下へ落ちているだけ。
落ちていることに気づかないのは、私達の目の錯覚を利用しているからです。

落ちていく瞬間に出る大きな音やシリキ・ウトゥンドゥが消える瞬間眩しいくらい光る目、そして消える瞬間に出てくるキラキラした星。
これらが私達の目を錯覚させてあたかも消えたかのように演出していたんです。

またシリキ・ウトゥンドゥの変化する顔の表情にも驚いた人がいるんじゃないでしょうか。

実は、顔だけはCGで映されているんです。

人形が喋っているように見えますが、置いてあるのは顔も何も描かれていない普通の人形だったのです!

まとめ


今回は、ディズニーリゾートの中でも恐ろしい絶叫アトラクション、タワー・オブ・テラーについて紹介していきました。

あれほど高い所から落ちるアトラクションだけあって、管理もしっかりしているのか1度も事故を起こしたことないという面ではとても安心ができますね。

そしてタワー・オブ・テラーの中に6つもエレベーターがあり、シリキ・ウトゥンドゥが消えるあの謎の現象は私達の目の錯覚を利用していたなんて驚きですよね。

ディズニーには珍しい絶叫アトラクションとして絶大な人気を誇っています。

しかも今年の1月にバージョンアップをした「アンリミテッド」の影響で更にタワー・オブ・テラーは著しい人気を集めています。
スリルを味わいたい人はぜひ、タワー・オブ・テラーに訪れて見てくださいね!

未分類の関連記事
  • 【保存版】ディズニー最大の絶叫アトラクションタワー・オブ・テラー過去の事故から驚きの仕組みまで徹底解説!
  • ディズニーの閉園時間が早い日 混雑状況とオススメの楽しみ方
おすすめの記事