大好きなディズニーで働いてみたい!
ディズニー好きなら1度は思ったことがあるのではないでしょうか?
キャストになりたいけれど、面接はどうしたらいいの?
採用されるにはどんなコツがあるの?など、
気になることがたくさんありますよね。
ここでは採用されるコツや面接の流れ、
そして裏話など、普段は聞くことのできないお話をお伝えしていきますよ。

ディズニーキャストの面接の流れとは?

さっそく、ディズニーキャストの面接の流れについて説明します。
ディズニーキャストの面接は、
他の企業の面接の方法といくつか異なる方法を採用しています。
面接を受けようか迷っている人も、
これから面接を受ける人も必見!
最後までしっかりチェックしてくださいね。

会場に付いたら案内に従う

ディズニーキャストの面接は、
比較的大きな会場で行われることが多いです。
そのため、最寄り駅からバスが出ていて、迷わず行けるようになっています。
改札のところに面接会場行くのバス乗り場に案内してくれる人がいます。
その人の案内に従って進むようにしましょう。

そして、会場についたら案内に従って、
スムーズに面接が受けられるように動くように心がけてくださいね。

写真を撮って洋服の採寸をする

ディズニーキャストの面接は、履歴書不要で受けられます。
その代わりに会場でディズニーキャスト用の履歴書を作ります。
まずは写真を撮ります。
会場の流れによっては動きが前後することがありますが、
写真は必須!ディズニーキャストにふさわしいかどうかを見られています。

面接の服装は自由ですが、あくまで仕事の面接ということを忘れてはいけませんよ。

  • 露出の多い服装
  • スウェットなどのラフすぎる服装
  • 華美な服装

これらは面接でも不合格になる可能性が高いので、気を付けてくださいね。

面接の場所で制服の採寸を行います。
まだ採用にもなっていないので、どうして採寸するの?と思いますよね。
採用になった場合にスムーズに勤務に入れるようにするためなんですよ。
靴も安全靴を履くことになるので、靴のサイズもチェックします。

まだ採用になっていないから…と適当に採寸すると、
採用になった時に困ることになります。
動きやすいサイズであることはもちろんですが、
腕を動かしやすいなど、動かしにくいところがないかをチェックです。

マークシート式の質問に回答&面接

面接の前にマークシート式の質問に回答します。
このマークシートですが、
質問内容は会場から漏らしてはいけないことになっています。
ですので、詳しいことはお伝えできないのですが、
正直に答えることが大切。
マークシートなので機械に通して、
答えから導くその人の適性や性格を見ています。

その適性を見て採用の場合は所属場所を決めるのです。
嘘をついてもどこかで矛盾が出るような質問もあるので、
素直が合格への近道ですよ。

そしていよいよ面接です。
面接はとにかく気楽に受けられるような雰囲気になっています。
就職活動のような堅い面接ではないので、
リラックスして面接に臨みましょう。

面接では何を聞かれるの?

面接ではどんなことを聞かれるのかな?と不安に思っていませんか?
雰囲気は優しくても、答えられなかったらどうしよう…と思ってしまうのは、
ディズニー好きなら仕方ないことです。
面接でどのようなことを聞かれるのかを知っていると、
ちょっと緊張が和らぎます。

ここでお伝えするないようは一例で、
他にも多くの質問内容があります。
ですが、最低限確認しておかなければいけないことなので、
以下の事柄は聞かれると思っていましょう。

接客と非接客のどちらが希望か

ディズニーなのに非接客ってどういうこと?と思いましたか?
ディズニーで私たちがパークで接しているキャストのイメージが強いですよね。
ですが、ディズニーにはたくさんのキャストの力で1つのパークを運営しています。
非接客というと、

  • 夜勤を担当するキャスト
  • 植木などの剪定をするキャスト

などがあります。
主に裏方さんという感じです。
ですが、この裏方さんなしには、
パークを運営することができないといっても過言ではありません。

接客キャストは、
アトラクションやショップ、駐車場やチケット売り場など、
たくさんのスポットがあります。
どのスポットが希望なのかも聞かれますので、
もし希望がある場合には明確に答えて問題ありません。

もし希望の職種につけなかったらどうするか

希望の職種がある場合に聞かれる可能性が高い質問です。
もし希望の職種につけなかった場合、
どうするのかを聞かれます。ここも正直に答えてOK!
希望の職種でなくてもディズニーで働きたいのか、
希望の職種にこだわりたいのかを決めておきましょう。

もし希望の職種がない場合で、
面接でどうしても希望の職種がいいといった場合は、
不合格になることが多いです。
その中でも、ごくまれに
「こちらの職種で合格です」と合否結果が来ることも。
働くかどうかは自由に決められますので、
正直に答えておきましょう。

出勤の時の方法・勤務希望について

重要なのが、出勤時の方法と勤務希望についてです。
出勤時に公共交通機関を使う場合、
終電の関係でシフトを組むときに重要になります。
そして交通費の関係があるので、必ず聞かれる質問です。
もし採用になった場合、
会社から伝えられるルートでの通勤をすることになります。

もしそれ以外のルートを通って遅延に巻き込まれた場合は、
最悪の場合始末書になることも…。

勤務希望については、週5日のフルタイムで働くのか、
土日両方か片方と平日1日の合計2~3日、
平日2~3日の形態から選ぶことになります。
フルタイムが採用の可能性が高い職種もあれば、
パートさんの方がいい場合もあるので、これはタイミングしかありません。

お休みは基本的に自由がききますが、
契約の曜日を休むときは、明確な理由を伝える必要があります。
ワークライフバランスを考えながら、負担のないところを選ぶのがコツです。

ディズニールックを守れるか

ディズニーリゾートで働くには、ディズニールックといって、
細かい身だしなみの規定があります。
代表的なものは髪を派手に染められない、
ピアスは小ぶりなものなど…。
ディズニールックが嫌で
すぐにやめてしまう人もいるくらい細かいので、
面接の際に確認します。

こんなことがあるの?面接の裏話を大公開!

最後に面接の裏話をちょっとだけお伝えします。
調べても出てこない、知っていると面接を上手に立ち回ることができる裏話ですよ。

面接は友人と会話をしているようにしている

面接時は、硬い雰囲気を出していません。
それは、面接に来た人の普段の人柄を知りたいと思っているから。
素の部分を引き出すことで、キャストとしての適性を見極めているのです。
ついつい素が出るようなリラックスした雰囲気にも理由があるんですよ。

採用していない職種もある!?

ディズニーキャストは常に募集しているような感じがしますが、
中には募集をしていない職種もあります。
ですので、あなたが面接で伝えたところの
職種のキャスト募集がない場合もあります。
その場合は、根気よく面接を受け続けて採用を狙うと、
熱意を伝えやすくなりますよ。

キャストの一員としてパークを盛り上げよう!

ディズニーキャストになるには、
タイミングと運が必要になってくることもあります。
とはいっても、あなたの素直な部分を面接官は知りたいと思っています。
普段のあなたのいいところをどんどんアピールして、
憧れのディズニーキャストになりましょう!

  • 【必読】皆は納得?ディズニー人気ないキャラクターランキングの1位は?
  • ディズニープリンセスの誕生日一覧のまとめ!キャラによってはイベントも!?
  • ディズニーのアナとエルサの誕生日はいつ?TDL特別イベントの予定は?
  • ディズニーリゾートキャストの神対応!地震の時でも慌てないのはなぜ??
  • 【元キャストが教える】ディズニー入社式の持ち物・当日の流れ・心構えを徹底解説!
  • 元ディズニーキャストが教える!採用される面接のコツ&裏話
おすすめの記事