非日常の世界を楽しめる東京ディズニーリゾート!

友達や家族と予定を合わせて「よし、楽しむぞ!!」と意気込んで舞浜駅に到着。
しかし、駅に着いた時点で人がいっぱいで「今日楽しめるかな…?」と思うことありませんか?

そんな時に覚えておきたいこと。それはアトラクションのスタンバイとFP(ファストパス)の使い方!

今日はスタンバイとFP(ファストパス)の違いをしっかりと覚えてから、どっちが早く乗れるのか検証したいと思います!

「スタンバイ」ってなに?


アトラクションの列に並んで乗ることをスタンバイと言います。

人気アトラクション(プーさんのハニーハントやトイストーリーマニアなど)は平日でも60分~100分待ちが当たり前。
休日は100分~150分待ちになってしまいます。

しかし、入場制限がかかる日はもっと待つことに…。

 

実際、10月の3連休の中日はトイストーリーマニアのスタンバイが250分!!(私の友達にスタンバイが300分でも乗った人がいました)
今、この記事を読んで「スタンバイは絶対したくない」と思った人…

 

スタンバイで乗ることにはメリットもあるんですよ~!

 

それは、「アトラクションの世界観にどっぷり浸かることができる」こと!!

ディズニーアニメのアトラクションはもちろんですが、東京ディズニーリゾートにある全てのアトラクションには必ずバックストーリーが存在しているんです!

例えば、スプラッシュマウンテン。

このアトラクションが“なぜスプラッシュマウンテンと呼ばれているのか”みなさんは知っていますか?

 

「え、理由があるの?」

「確かに何でそんな名前なんだろ?」

 

と思った人はスタンバイに乗ってみましょう!途中にいるフクロウが由来を説明してくれます。

 

また、アトラクションによっては乗り場までの道のりに隠れミッキーがいることも!!
アトラクション内に置かれている小物などにもしっかりと意味があるんです。

スタンバイで乗ると待ち時間は発生しますが、アトラクションの世界観にどっぷり浸かることができます。

「FP(ファストパス)」ってなに?


スタンバイで並んでいる際に、隣の通路をワイワイと会話しながら軽い足取りで進んで行く人達がいますよね?

その人達はFPを使っているんです!

FPはチケットを使って発券できる、優先乗車券のことです。
発券当日のみ有効で、記載されている時間にアトラクションへ行くと、“ファストパスを持っている人専用のエントランス”からアトラクション乗り場へ向かうことができるんです!

このエントランスを進んでいくと、乗り場までの道のりが短くなります。とても便利ですよね!

 

しかし!!FPを発券するには条件があるんです。

条件① 発券してから2時間経たないと、次のFPを発券できない

いつでも発券できるとFPの意味がありませんよね。なので、発券するための時間を制限しています。

画像を見てもらうと、“他のアトラクションのファストパス・チケットは13:05以降に発券できます”と書かれていますよね?

基本的にはFPを発券してから2時間後の時刻が記載されており、その時刻前に発券しようとすると“発券できません”と記載されたチケットが出てきます。

条件② 続けて同じアトラクションのFPを発券するときは優先搭乗時刻を過ぎてから

「好きなアトラクションは何回でも乗りたいけど、並ぶのは嫌だなー」という時に使えるのがこの条件!

でも、1日で使えて2~3回が限界。

 

その場合は、FPが発券できる時間になったら、優先搭乗時刻が現在時刻に近いアトラクションのFPを発券するのが、おすすめ!!

そうすると、発券ができる時刻が変わり、好きなアトラクションのFPを発券できるまでの時間が短くなります。

 

FPってすごいですよね!!

でも、FPはスタンバイのように長い列に並ぶ必要はありませんが、アトラクションの世界観に浸かることは難しいです。

スタンバイとFP(ファストパス)、どっちが早く乗れる!?

スタンバイとFPの違いを覚えたところで、みなさんが気になっているであろう「スタンバイor FP、どっちが早く乗れるのか問題」を検証してみましょう!

今回はスペースマウンテンで実践。
基本情報として、スペースマウンテンのスタンバイ列は1階と2階に分かれています。建物の中に入るところでスタンバイとFPの列が合流します。

私はスタンバイが50分待ちの時に並びました。
1階まで列ができており、エスカレーターの周りを2周回ってから2階へ進みました。

 

その時点で並び始めてから25分経過!

 

2階で列に並んでから15分で合流地点へ。(スペースマウンテンの2階からの景色はとても綺麗で、ディズニーシーのプロメテウス火山も見えます♪)
合流してから乗り場までは8分程。そして、宇宙体験へ♪

 

スタンバイエントランスに入ってから約48分で乗り場へ行けました。

 

では、FPはどのくらいで行けるのでしょうか!?
条件は同じで、スタンバイが50分待ちの時でした。

FPエントランスで優先搭乗時刻に入っているかチケットを提示して確認してもらい、5秒程歩いたら2階へ進みました。

2階へ進んでからスタンバイとの合流地点まで止まることはありません。

 

約10秒で合流地点に着きました♪

 

そこからはスタンバイと同じで乗り場まで8分程、そして、宇宙体験へ♪♪
FPエントランスに入ってから約9分で乗り場へ行けました。

 

結果は、FPを使って乗る方が圧倒的に早いです!

まとめ

  • スタンバイとは、列に並んでアトラクションに乗ること。
  • FP(ファストパス)とは、指定された時刻に優先搭乗することができる券のこと。
  • FP発券には以下の条件がある。条件① 発券してから2時間経たないと、次のFPを発券できない。
    条件② 続けて同じアトラクションのFPを発券するときは優先搭乗時刻を過ぎてから。

アトラクションに乗るにはFPの方が早いですね!

 

でも、アトラクションの世界観を楽しむならスタンバイで並びながら、ゆっくりと景色を観賞するのもおすすめ!

みなさんはどっちで東京ディズニーリゾート楽しみますか?

  • 令和初ディズニー七夕デイズの情報と浴衣ディズニーでの楽しみ方。七夕期間の混雑予想も大公開!
  • 今年もやってきた!夏のディズニーシーでの熱中症対策と夏限定のオススメなディズニーシールートを紹介!
  • ディズニーのキャラクターグリーティングのマナーまとめ!迷惑客にならないための鉄則を徹底解説!
  • 【令和元年】10連休のゴールデンウィークのディズニー混雑状況の予想と対策教えます!
  • ディズニーランドの隠れデートスポット白雪姫の井戸コインを井戸に投げると何が起こる?
  • お弁当持ち込みはNG?もし持ち込むならパンかおにぎりがおすすめ!その理由は待ち時間にあった!
おすすめの記事